2014年11月23日

秋風吹けば


紅葉を楽しむ
島の森にはそれはなく

かすかに櫨の赤が光るのみ
そうこうしているうちに ほら
北風が吹き始め
海は白く泡立ち 波が逆立つ
もうすぐ

それでも季節の草花は咲き
森を彩る
それに心を託して
春を待とうか

秋風吹けば」です
どうぞ!!




posted by amamian3 at 09:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
amamian3さん、こんばんは!
秋の切なさ、来たる冬への戸惑い、でも心温かく。。短調の綺麗なメロディから、そんな感じが伝わってきます。
これは名曲です。私的には、アリスの秋止符のような、昭和のニューミュージックのテイストを感じで嬉しくなりました。
amamian3さん、マイナー調もいいですねぇ。。。

Toshi
Posted by Toshi at 2014年11月23日 21:05
こんにちは。
相変わらずの旺盛な創作意欲には頭が下がります。

amamian3さんの音楽はリズムがとっても優しくて
フルート音などさまざま音色が、たおやかなリズムの海に、漂っては消える
さざ波のように感じます。最初は季節の風の囁きかなあ...と感じていたものが
実は全て海と、漂う波、そして海鳥達.....あとはただ身を任せるだけ...
いい気分です。
Posted by pipco980 at 2014年11月23日 22:34
Toshi さん おはようございます

昭和の香り・・正解です
同窓会騒ぎの影響でしょうか(笑
G〜Em〜Am〜B7の循環が無性に頭をよぎりましたので・・・
迷曲ですよね(爆!!
Posted by amamian3 at 2014年11月24日 07:49
Pipco さん おはようございます

流石ですねぇ・・・
森を見ながらも常に海を意識した曲です!!
恐れ入りました
本来 自分で唄いたいのですが
それをピッコロやフルートに代える・・いつものことです(笑
Posted by amamian3 at 2014年11月24日 07:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。